しよう苦労必ず実る

お盆はすること無いから日雇や短期で働く人も多いとか・・

ついにお盆に突入しましたが、とにかく何処へ行っても激混みで疲れます。
高速道路や新幹線は帰省ラッシュ、デパートへ買い物に行っても混むばかり。

 

どうせならこの期間は短期のバイトに精を出し、お小遣い稼ぎをするというのが一番賢い方法かもしれません。

 

多いのがお中元やお盆のお供え関係のバイトで、配送受付カウンターで業務を行います。
内容はそこまで難しくなく、配送先の住所を商品を記入したり、熨斗や包装作業、お会計作業を行います。

 

 

大手デパートならパソコンでの作業が主ですが、手書きで記入しなければいけないケースもありますので、バイトを希望する時はその辺りをチェックしておくと良いと思います。接客という事で、言葉遣いや態度など十分に注意しましょう。

 

 

帰省ラッシュやUターンラッシュの人達で、高速道路のパーキングエリアは常に混雑します。
お盆の時期は短期でのバイトを募集している事が多く、時給も良いので狙い目です。

 

 

軽食コーナーやお土産コーナー、掃除など、色んなバイトが各テナントから募集していると思いますので、好きな種類を選択する事が出来ます。こちらも接客業となりますので、それなりのマナーが必要かと思います。

 

 

深夜での募集も有りますから、高収入が期待できちゃいます。

 

 

お盆は通常ならお金を使う時期ですから、これを逆手にとってお金を稼ぐのって有りだと思います。
そして休みをずらして、9月の連休にでもリフレッシュできれば最高です。9月は暑さも和らぎますから、旅行も楽しいですよね☆

 

 

早い者勝ち!夏に人気の日払いバイト

 

バイトを辞める勇気

高校生などの学生がバイトをする場合、すっぱりと辞める勇気も持っていただきたいです。その理由はブラックバイトの存在です。最近有名になった「ブラック企業」や「ブラックバイト」の存在。そんな事あるの!?というような無理な要求を会社側が押し付けてきたりします。

 

 

断りたくても断りずらく、次第に心が病んで仕事はおろか通常な生活すら支障をきたしてしまいます。特にブラックバイトは、高校生などの学生が陥るケースが多く問題視されています。バイト初体験の人生経験が浅い学生に対し、無理な注文を押し付けたりするのです。

 

 

 

私の妹が高校生なのですが、その友達がブラックバイトにあたってしまって悩んでいたそうです。その子はコンビニでバイトしているのですが、風邪で休んだのにシフトを代われる人を探せなかったという理由で、アルバイト代を勝手に減少させられていたそうです。

 

 

 

つまりペナルティーを課せられていた訳ですね。罰金とか代わりを探せとか、明らかにコンビニ側に責任があるでしょう。しかし人生経験が浅く半人前な妹の友達は、この程度のペナルティーは当たり前だと思ってしまったそう。むしろ自分が悪いと思って責任を感じて、自分を責めてしまったのです。

 

 

 

コンビニバイトを辞めずにこのような事を繰り返し、ついに心身ともに疲れて自分の親に相談したのだとか。その後私の妹にも打ち明けたらしいのですが、かなり精神的に追い詰められいたと妹は言っていました。もし自分のバイト先で“これは理不尽かも・・・”と思った場合、周囲の人に相談するべきです。

 

 

 

大手の会社やチェーン店なら、本社や本部に直接問い合わせてみても良いでしょう。そしてどうしてもバイトが続けられそうではないと思ったら、潔く辞めてしまうのも手です。高校生ならではの考えとして、もし辞めたら次のバイトが見つからない、今の自分が働けるバイト先なんてここしかない。これらが挙げられます。

 

 

 

そしてこれこそが自分自身を苦しめる事となるのです。妹の友達は無事ブラックコンビニバイトを辞め、今は家の近くの工場で軽作業のアルバイトをしているそうです。高校生のバイトだって案外あるものです。無理せず辛くなったら、周囲に相談したり辞める勇気を持ちましょう。

更新履歴